MENU

遠視とは、遠くから入射した光が水晶体で屈折し、網膜上で焦点を結ぶことで物がはっきり見えることをいいます。
一見良いように思えますが、遠くの物でも近くの物でもピントを調節する必要があるため、目が疲れやすく視力の低下に繋がります。
それを防ぐためには凸レンズで矯正する必要があります。
年齢が進んだり遠視の程度が強くなると、視力障害や眼精疲労、内斜視の症状が出る可能性があります。

  • 網膜に病気がなく、ピントが網膜に合っていれば良い視力が得られます。
    遠視で毛様体筋に十分な活力がある場合は、確かに良すぎるくらいの視力が得られますが、その活力が目を疲れやすくしてしまいます。

  • 毛様体筋に充分な活力があれば、良い視力を得られるのでメガネは必要ありません。
    若くて健康な時は、細胞の酵素・エネルギーの物質・ビタミンのバランスが保たれているので、少々過労になっても回復できますが、年をとったり病気になったりするとバランスが崩れやすく、すぐに視力が低下してしまいます。
    遠視の人が40歳近くになると、近い所が見えにくくなる、いわゆる老眼になるのもこれが原因です。

    老眼には、活力のバランスだけでなく筋力の低下も関係しています。
    毛様体筋と水晶体の働く力を合わせて「調節筋」と呼びますが、若くて健康な時はこの力が充分にあるので、苦痛を感じることはあまりありません。
    年をとったり病気になった時はこの力が弱くなるため、目の前の新聞や本などがボケて見えたり、頭痛や眼痛が起こる場合があります。
    その場合は、眼科医の診察やメガネが必要となります。

  • 人間は生まれた時はほとんどの人が遠視の状態です。
    その理由は、目の奥行きが短くピントが網膜の後ろで結ばているからですが、やがて水晶体が大きくなり膨らみ方が緩くなると奥行きも深くなり、つり合いがとれてきます。
    遠視用のメガネでは、初めは弱い度のものしかかけられなくても、毛様体筋の無理な緊張がとれて、目に合った遠視メガネに変えた方がよくなるということもあります。

  • 正しいメガネは、必ずしも目の屈折異常を完全に矯正するものではありません。
    完全に屈折異常を矯正したメガネをかけると、かえって目や頭が痛くなり、かけられない場合があります。
    そのため、実際かけてみて具合が良いかどうか、慎重に時間をかけて決定する必要があります。

    したがって「強すぎる」または「弱すぎる」ということは、何を基準にしているかが問題になります。
    強すぎるレンズをかけると、遠方の視力は低下します。
    近視の場合は、近くの物を見る時は正視や遠視の人より調節筋が少なくてすむので楽だともいえます。

  • 度の弱い遠視のレンズの場合は、一言でいえば不十分といえます。
    これは、遠視による不都合の軽減が不十分ということで、眼痛や頭痛を消失させることができない場合が多いのです。

  • 遠視による不都合とはどういうものかというと、遠近の視力障害ばかりではなく、眼精疲労を引き起こすということです。
    この眼精疲労という症状は、「目が少し重い」などの軽い症状のものから、「目を開けていられなくなり、無理に我慢していると頭痛・吐き気がしてくる」という重い症状まであります。
    こうなると気が重くなり、仕事も手につかず、さらに神経症状や全身症状まで伴ってくることもあります。
    弱視は遠視や斜視を伴ってくることが多く、見る機能が完成する小学校入学時までに屈折異常・斜視などを矯正しておかなければ後々の回復は難しくなります。

© 2017 optician リバティ