MENU

斜位(斜視)とは、両眼の視線が一致しない状態のことをいいます。
原発性のもののほかに、器質的疾患による続発性や麻痺性のものなどがあります。
斜位の診断にはこれらの鑑別が重要となります。

  • 偽斜視とは、斜視のように見えて斜視ではないものです。
    例を挙げると、内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)による偽斜視・眼瞼下垂による偽上斜視・ガンマ角異常による偽外斜視などがあります。
    偽内斜視では内眼角の皮膚をつまむと正位であることがわかります。
    しかし、偽内斜視の中には後に本当の斜視に移行するものがあるため注意が必要です。

  • プリズムとは光を一方向にのみ屈折するレンズです。
    斜視では、両眼の黄班部に同じ物体の像が結像するようにはたらき、両眼視機能の向上や複視の消失に用いられます。
    斜視角の測定にも利用されるものです。

  • 眼位ずれの程度(斜視角)がいずれの方向でも等しいものを共同斜視と言い、斜視の中で最も多いものです。
    他に頻度の高いものは、乳児性斜視・調節性内斜視・間欠性外斜視・麻痺性斜視・機械的斜視などです。
    また、その中でも斜位の状態によって上斜位・下斜位・外斜位・内斜位・回旋斜位に分類されます。

  • 斜位の場合は両眼視機能があるため、片目を手のひらで覆い、それを外した時に瞬間的に複視が起こります。
    それを避けるため、その眼の注視線は目標に向かい他眼の注視線と重なる位置まで戻ります。
    この働きを矯正運動といい、複視を避けるため矯正運動を行って両眼の印象を一致させるのは融像機能の働きです。

    斜位度が著しく大きい場合や融像力が斜視角に比して小さい場合、外眼筋の緊張では完全な両眼視を維持することが困難となります。
    そして網膜適応の結果、抑制が発達します。
    両眼視機能が低下すると融像力が減少し、両眼が分離して斜位から斜視に変わります。

  • 斜位の原因については色々な報告がありますが、以下の因子の組み合わせによって生じるものと考えられています。

    (1)全身的因子(大病・高熱・結核・幼児期に病弱・その他消耗性疾患)
    (2)外傷的因子(頭部および顔面の打撲あるいは手術)
    (3)調節性因子(斜位の調節・輻輳(内よせ運動))

    遠視は正視よりも過大の調節を必要とするため、輻輳が強く刺激され内斜位となり、近視はその反対に外斜位になりやすいと考えられています。
    しかし、全ての遠視が内斜位になるものではなく、また遠視の度と斜位角は必ずしも平行するわけではありません。
    レンズの焦点と瞳孔中心のズレているメガネ使用者にも、以下の原因で斜位発生が見られる場合もあります。

    (4)感覚性因子(不同視・不等像視・眼の透光体及び網膜の病変・視力不足(弱視)などにより融像が阻害)等

  • 主に、以下のような症状が出ます。

    上下斜位
    眼の上部の痛み・乗り物酔い・人混みでの混乱。
    内斜位
    前頭部の痛み・眼の圧迫感・灼熱感(特に近業に際して)。
    外斜位
    疲れやすい・特に近業にて眠気・後頭部の痛み。

  • 斜位の治療は斜位の症状がある時のみ行うことが原則となりますが、次のようなものがあります。

    (1)屈折異常の矯正
    (2)プリズム処方
    (3)手術
    (4)融像反射の強化(視能矯正)
    (5)健康状態・疲労などへの考慮
    (6)環境の改善

© 2017 リバティ メガネ