MENU
  • 眼(目)は2つの目で一つ物を見る為に、奥行き感があり特に凹凸感、立体感、距離感を認識できる事です。
    例にだすと、内外の動きと、上下の動きです。

  • 両眼(両目)の視線が一致しない状態。

  • 眼筋が(眼の周りの筋肉)が硬くなっていて同一物体が重なる(ズレる)見える状態です。

  • 両眼の機能向上と複視の症状を改善して見やすくなります。

  • 例としては、上下左右では目の上部の痛み、乗り物酔い、人混み、前頭部の痛み、近くの物を見る時、疲れやすい。

  • 屈折(近視、乱視、遠視)の矯正
    プリズムレンズの処方
    健康状態、環境の改善。

  • (1)遠くの視力で近く(近用)を見るとなりやすくなります。
    (2)近くを見続けて遠くを見た時に一時的にピントが合いにくい状態です。
    (3)スマホやパソコンの作業などで目を酷使する事で、一時的にピントの調節の機能がしにくい状態になっており、水晶体が硬くなり(遠くと近く)(近くと遠く)ピントが合いにくい状態になる。 若者も同じ症状になっています。
    疲れ目(眼精疲労)が続く事で一時的な症状にとどまらず、例(頭痛や肩こり)に発展する可能性があります。

© 2017 リバティ メガネ